【業務・資本提携に関するお知らせ】
株式会社ガイア・プロジェクト(本社:福島県須賀川市、代表取締役社長:磯海雄介)と、株式会社ホップジャパン (本社:福島県田村市、代表取締役:本間 誠)との間で、業務提携と資本提携に関して基本合意いたしました。





【① 業務・資本提携の目的】
経営コンサルティングのガイア・プロジェクトは、東日本大震災後の2011年9月に創業し、被災地での企業支援に取り組んでまいりました。「企業の成長を通して人類社会の発展に貢献する」という企業理念を掲げ、現在では福島県、東京都、栃木県及び茨城県にオフィスを設置し、全国の中堅・中小企業に高品質でリーズナブルなコンサルティングサービスを提供しております。
ホップジャパンは、2020年8月、原発事故の影響でほぼ休眠状態となっていた福島県田村市の公共施設「グリーンパーク都路」を改修し、ホップの栽培から手がけるクラフトビール醸造所「ホップガーデンブルワリー」を開設しました。ホップをふんだんに使ったビールで1次産業から6次産業化に繋げていくサイクルを一つのまちで展開し、「人」×「もの」×「こと」を繋ぐブルワリーを目指して活動しております。
このたびこの2社が業務・資本提携を通じ、ガイア・プロジェクトのコンサルティングサービスや経営ノウハウ を活用することで、ホップジャパンの持続可能で魅力的なサービス開発や事業展開を共同で推進し、地域社会の復 興と発展に貢献することを目的としております。

【② 業務提携の内容】
このたびの業務提携において、ガイア・プロジェクト代表取締役の磯海雄介がホップジャパンの取締役(財務担当役員)に就任し経営陣メンバーとなることで、ホップジャパンの経営・財務に関する組織体制を強化します。また、ガイア・プロジェクトのコンサルティングサービス、経営ノウハウ及び人的資源を活用することで、ビアバー、ビール発電、ブルワリー向けコンサルティング等の新規事業計画の策定、中長期的な経営戦略の立案と遂行を共同で推進していくこと等を予定しております。

【③ 資本提携の内容】
株式会社ホップジャパンが第三者割当により増資し、株式会社ガイア・プロジェクトがその出資を引き受ける形で資本参加します。

【④ 株式会社ガイア・プロジェクトとホップジャパンの概要】
(1)株式会社ガイア・プロジェクトの概要
名称:株式会社ガイア・プロジェクト
主な事業内容:経営・財務コンサルティング
設立年月:2012年2月
本社所在地:福島県須賀川市大町442-3 代表者 磯海 雄介
役員・従業員数:20名

(2)株式会社ホップジャパンの概要
名称:株式会社ホップジャパン
主な事業内容:自社クラフトビールの醸造・販売、国産ホップの栽培、成分分析、流通、コンサルティング業務
設立年月:2015年6月
本社所在地:福島県田村市都路町岩井沢北向185-6 グリーンパーク都路内 代表者 本間誠
役員・従業員数:7名